« ON・OFFの使い分け | トップページ | しましまセーター480円也 »

悩ましい2つの事

 小吉(こきち)さん、

 また「おなかジョリ男」になっておりまーす♪

 1

 なぜなら、

 先日エコー検査を受けてきたから。




 8月に、肥満細胞腫の発見と共に見つかった 脾臓の腫瘍。

 コレが大きくなってないか、

 チェックしてもらったんですね~。






 なので、またまたワカメちゃんカット。( ´艸`)プププ

 2

 検査の結果は…

 脾臓の腫瘍、大きくなっていませんでした!

 ほっ。




 大きくなってはいなかったけど…。

 この脾臓の腫瘍、どうしたらいいもんか。

 まだぐずぐずと悩んでいる状態です。





 今までにわかっている事は…。


 ■脾臓のできものは、肥満細胞腫ではない。

 ■細胞診検査によると、ほぼ良性の腫瘍だと思われるが、

   繊維性組織球性結節や高文化型リンパ腫(共に悪性らしい)の

      可能性も否定できない。

 ■白黒はっきりさせるには、脾臓を摘出して組織検査をする必要がある。

 ■良性だったとしても、放っておくと破裂する事があるので、

   経過観察して、大きくなるようだったら摘出って手も。






 今は、3ヶ月に1度エコー検査をするって決めて、

 大きくなってないか経過観察するっていう受け身な感じでいるんですが、

 攻めの治療をした方がいいんだろうか。って、悩んでます。

 悩んでたら、発見時からもう3ヶ月もたっちゃったよー。crying

 ああ、優柔不断。









 しかも、

 脾臓の他にも悩ましい事がもう1つ。

 前立腺の事。


 ちょっと肥大してるんです。

 病院の先生いわく、

 年齢的な事だろうとの事なんですが、

 体力のある今のうちに去勢する事を薦められています。




 もっと年をとった時に、

 未去勢が原因で他の病気になってしまうかもしれない。

 でも、大丈夫かもしれない。

 今健康なのに、後々のリスクを考えて、

 体にメスを入れるのが本当にいいのか。

 今7歳、残る小吉さんの犬生を考えると

 何がベストなのか…。

 


 って、うだうだうだうだ悩んでます。

 3

 まとまりの無い文章を書いて、すみません。

 いろいろ調べれば調べる程、

 どつぼにはまってわからなくなるっていうか。


 でも、結局は自分達で決めなきゃいけない事。

 もうちょっと考えますです。






 
   ブログを読んでいただいて、どうもありがとうございます。
  ひとぽちがとっても励みになっております♪
  コメントも大歓迎ですので、ぜひ感想などお気軽に
  書き込んでくださいませませ。       ■ちたちた■



|

« ON・OFFの使い分け | トップページ | しましまセーター480円也 »

病院・薬・肥満細胞腫・体調不良の事」カテゴリの記事

コメント

非常に難しい問題です。
でも手術するのなら、若い方がいいと思います。
高齢になればなるほど体力がなくなっていきますから。
でもまだ様子を見ましょう。できるものなら手術は
避けたいと思うのは当たり前です。

投稿: マサシ | 2010年12月23日 (木) 20時10分

悩むのは当たり前ですよ!!

うちの子も男の子で去勢を考えていましたが…
パグは鼻ぺちゃなので麻酔のリスクがあるということが
足踏みをさせました。

でも病気になったら?うちの子ももう5歳です。
病気になってからの手術がいいのかそれとも…
どちらにしてもワンコの小さな体に大きな負担ですもんね。

大切であればあるほど悩みます。
何か何が言いたいかわからないコメントになちゃいましたが、
小吉さんとちたちたさんのこと応援してます!!

投稿: みかんママ | 2010年12月23日 (木) 20時18分

今日はちょっとマジメに・・(いつもは?)

ひとまず脾臓の件はよかったです。
もちろん今後大きくなったら摘出の可能性も・・かもしれませんが、今一安心ってとってもうれしいことですね。

前立腺のことはよくわからないのですが・・・
昔実家で飼ってたワンコ(捨てワン)、14歳の時に肛門にガンができ、高齢とはいえまったくの健康体だったのが一気に進行し死んでしまいました。
未去勢で生涯童貞犬だったのですが、お医者さんの話によるとそれって自然界ではとっても不自然なことで、ホルモン異常などを引き起こしやすいとのことでした。
それがとっても悔やまれたので、今のうちのパグさんは7ヶ月で去勢しました。

脅かすような話になってしまってごめんなさい。
7歳という年齢での麻酔、手術もためらわれるし、何より今なんでもないのに・・というちたちたさんのお気持ち、よくわかります。
童貞犬が100%発症するわけでもないし、いろんなことを考えてちたちたさんが一番よかれと思った結論が、小吉さんにとってもベストな選択だと思います。

とっても長くなってしまったので、コメント公開しなくても結構ですよー

すやすや顔の小吉さん、好きです。


投稿: ぷー | 2010年12月23日 (木) 21時03分

するなら早いほうがいいけど
しないで済むなら…って思っちゃいますよね~。
今日実家にいってお肉ちゃんに会ったら、腰にこぶし大の盛り上がりがあることに気付きました。
脂肪の塊(良性)らしいですが、もう10歳なので仮に悪性でも手術しません。

どちらの選択をするにしても
ちたちたさんがコキさんのために出した結論なら
コキさんも納得してくれるはずです。

あぁ、おなかにワカメちゃんかコボちゃんの
落書きしたひ…(*`艸´)

投稿: ちゅう | 2010年12月23日 (木) 22時28分

手術をするなら、年齢の若い方がいいよ。

亜生は8歳で初めての手術…前立腺の病気の治療のための去勢手術、10歳で胆嚢摘出の際、偶然見付かったシコリの為に脾臓も摘出しました。結果は癌ではなかったけど、知らずにほかっておいたら、どうなっていたことか…。

麻酔のリスクも考えないわけには、いかないけど、内臓の異常が症状として出てからだと、体力も落ちて不安材料も増えた気がします。

先生とよく、話し合って納得した上で、ちたちたさんが下した判断が一番の選択だよ!

いっぱい悩んで迷って当然!

答えが見つかることを祈ってます。

投稿: ぴろぴろ | 2010年12月23日 (木) 22時42分

悩みますよね。大切な大切な家族のことだから
ほんと悩みます。どうしたい?って聞けないし。

>もっと年をとった時に、・・・・
私もちたちたさんとまったく同じことを私も考えては、
手術の決心をし、と思えばまた迷い。。。
一向に心が決まらない。。。

ですが、うちは年が明けたら受けさせる方向で
考えてるところです。(でもまだちょっと迷い中。^^;)
主人は今でも反対なんですが。。。

小吉さんの体力的なこと、病気の可能性、、、
色々考えては迷われるでしょうが、
ちたちたさんにとって、それにもちろん
小吉さん本にんにとって最善と思われる決断が
できますように祈ってますね。

投稿: rica | 2010年12月24日 (金) 09時49分

悩みますね…catface

良性との確定診断であれば絶対に様子みるんですが…sweat02

小吉さんの年齢と体力、主治医の意見を納得するまで聞いて熟考することをお勧めします。
場合によってはセカンドオピニオンも考えて良いのではないでしょうか。
色んな先生の意見を聞いてみるのも一つの手段です。
しないでいい処置はなるべくしたくないですもんねsign03

ちたちたさん、後悔しないよう、よく考えて下さいねsign03

投稿: タエマル | 2010年12月24日 (金) 12時12分

うちもずーっと悩み続けたので、お気持ちがよくわかります~。
チッチは内臓は今のところ大丈夫みたいだけど、春に超音波した時、もしかしたら将来的に腫瘍などになるかも?って所見があったのよね。
お医者さんって常に一番悪い時の可能性を言うので、「可能性も否定できない」と言うのは、あまり気にしないようになりました。
去勢手術についても、うちも麻酔が怖くてやめちゃったんですが、「将来的に病気になるかもしれない」っていうのは、どの臓器についても言えることだから、と言われて、あるものを取るというのも、どういったものか?と考え直してしまって。
賛否両論色々あると思いますが、私は将来、本当に手術が必要になってしまったら、その時に考えよう。と思うようになりました。
ただ、なんでも早期発見に越したことはないので、毎年春の健康診断は必ず受けようと思っています。

小吉さんのジョリオなお腹、かわいいけど、寒くないのかな?
腹巻きが似合いそう~(ちょっと期待してみたりして)

ちたちたさんも悩まれることと思いますが、また胃を痛めないよう気をつけてくださいよ~

投稿: うさぎ | 2010年12月24日 (金) 12時44分

うーん、悩むね(-_-;)我が家のキャッツアイもかりんとぷるんは小さい頃避妊手術して、その時は病院から帰ってきても走り回る位元気だったけど、らいちは色々病弱だったので五歳を過ぎてからの避妊手術は回復が長引いて可哀想だった。何でもなければ、手術しないに越したことはないし、かといってこの先大変な方向に向かうかもしれないならば元気で若いうちにとも考えちゃうし。結局飼い主さんしか守ってあげられないんだから、とことん考えて答えを出したらいいと思います。大事な我が子のことなんだもん!悩んでいいんだよーちたちたさん!

投稿: らいちママ | 2010年12月24日 (金) 18時04分

7歳になったときから毎週1回は、かならず病院に行っていた私の感じた事です。
私の子は先天的に脊椎に異常があり、膀胱炎にもかかりやすく、ストラバイト尿石も時々出来ちゃうという子でした。  勿論アレルギー持ち、片目は度重なる怪我で見えませんでした。
週イチの病院通いは背中のレーザー治療と、異常がないか触診してもらってました。
年に一回のワンコドックも受けてました。
その結果、7歳ぐらいしか生きられないだろうと言う大方の予想を裏切って12歳7ヶ月まで生きました。
しかし、一方では胆管閉塞という重大な病気が分ったのは死の数日前でした。
白目に黄疸が出てすぐ手術しました。12歳を越えての大手術、前年には腎臓癌で腎臓を片方摘出していました。 手術は成功したのですが、嘔吐物が詰まって心肺停止となり逝ってしまいました。

どのように手を尽くしても、所詮は運命かなと思いました。 それでも、もしも、あの手術をしなかったらまだ生きていたかな、いや腹膜炎を起こして激痛で苦しんで死んでしまっただろうと、自分を納得させる毎日です。
今は麻酔も進んでいて、短頭種の犬でも安全なものがあると聞いています。
私の子は避妊を含めて生涯3度の手術をしましたが、其の都度戻ってきてくれました。
あまり麻酔を恐がって、体力のある時期を逸してしまうのは考え物だと思います。信頼の置ける短頭種の手術を数多く手がけている獣医さんを探す事です。

又本当に恐いのは、麻酔事故よりも、ウチの子のような事故の方がこわいです。 病院で宿直医がいてモニターでの監視もあったのに、午前4時のことでした。不可抗力です。

長々と書いてごめんなさい。
しかし、決めるのはちたちたさんご夫妻です。

投稿: パグ命 | 2010年12月24日 (金) 19時09分

マサシさんへ

ほんと、難しいです…。think
手術するのなら少しでも若い方がいいですよね、やっぱり。
でも、いろいろな考えがぐるぐるして
どうも一歩が踏み出せないです。
ほんとダメですね~。coldsweats01
もうちょと熟考して悩みたいと思います。
マサシさん、アドバイスをどうもありがとうございます。m(_ _)m

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 11時35分

みかんママさんへ

悩むのは当たり前だなんて言っていただけると
なんだかほっとします。coldsweats01
ううー、みかん塾長も未去勢ですか。
こればっかりは、悩ましい問題ですよね。
小さな体に大きい負担をかけたくないけれど、
後々もっともっと大きな負担になって返ってくるかも
しれない…。think
お互い、健康なシニア期を過ごせる様に
(あ、塾長はまだですねっsweat01)したいですね♪

言いたいことがわからないなんて、とんでもないっす!
めっちゃわかりましたよぉ~。
どうもありがとうございますー。crying

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 15時34分

ぷーさんへ

実家で飼っていたわんこさん、14歳で旅立たれ
てしまったのですね。
ガン…。weep
一気に進行して…というのに驚きました。
そして、未去勢がホルモン異常を引き起こしやすい。
なるほどです。めっちゃ感慨深いです。
ぷーさん、辛い思い出を話させてしまって、
申し訳ありません。(ρ_;)
そしてそして、アドバイスどうもありがとうございます。
悩んで…慎重に決断しようと思います。
感謝です!!!!!

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 15時39分

ちゅうさんへ

なんとなんとっ!!
お肉ちゃんの腰に出来物がぁぁぁーーーsign03coldsweats02
ううー、良性で良かったよぉー。crying
でも、悪性でも手術はしないっていう
ちゅうさんのお考えわかります。
パグが50歳まで生きるっていうなら話は別だけど、
残りの犬生、しんどい事なしで穏やかに生きてほしいです。
うちもがんばって決断しないとな。

ちゅうさん、いつもありがとうございます。m(_ _)m
小吉さんのお腹には、コボちゃん描いときますから~。笑

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 15時44分

ぴろぴろさんへ

ぴろぴろさん、コメントをどうもありがとうございます。
改めて伺うと、亜生ちんのがんばりはすごいですね!
8歳10歳と立て続けに大手術…。
本当にすごいです。
今は、お空の上でたくさんのお友達と元気に
走っているかな~。
アドバイス、ありがたくいただきました。m(_ _)m
いっぱい悩んで、
我が家なりの答えを見つけたいと思いますです。

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 18時48分

ricaさんへ

はい。めっちゃ悩んでどつぼにはまってます…。coldsweats01
ricaさんもデイジーさんの子宮摘出をお悩みなのですよね。
先日の記事を拝見して、うちと同じだーって思ったです。
デイジーさんの方がずっと若いけれど。
お互いベストな道に進んでいけますように!
そして白血球の数値も下がりますように!!
コメントどうもありがとうございます。
めっちゃ勇気づけられます。(ノ_≦。)

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 18時52分

タエマルさんへ

うーん。
ベテラン看護師タエマルさんに言っていただくと
なんだか無料でカウンセリングを受けてるみたいで
ラッキ~♪happy02
と、うかれてみたりして…。笑
セカンドオピニオンって手は確かにいいですね!
意見を聞くだけでも、受診する価値がありそうだ~。
うーむ。なるほど。
アドバイスありがとうございます。
これからまた手探りで進んでいきたいと思いまっす!!

投稿: ちたちた | 2010年12月26日 (日) 18時56分

うさぎさんへ

そうですか。チッチ君、超音波検査で…。
この、将来もしかしたらって、クセモノですよね。
でもうさぎさんの考え方、なるほど~って感心いたしました。
確かに将来病気になるかもしれないというのは、
どの臓器にもいえますよね。
ちょと目からウロコ…。ポロッ。
本当に手術が必要なのが今なのか…?
じっくり考えたいと思いますです。
コメント、どうもありがとうございます。m(_ _)m
私の胃の心配まで~っsweat01恐縮です。

投稿: ちたちた | 2010年12月27日 (月) 15時23分

らいちママさんへ

キャッツアイのみんなは、もうすでに避妊手術をされてるんですね。
うー、らいちちゃんは術後大変だったんですか…。weep
具合の悪い愛犬を見ているのはつらいです。
でも、元気になってよかったー。crying
小吉さんの去勢も悩んじゃいます…。
もしももしもって言ってても、先に進まないんですけどね~。coldsweats01
本当に決断力にかける飼い主…。笑
悩んでいいんだよーのお言葉、ぐっときます。
ありがとうございます。

投稿: ちたちた | 2010年12月27日 (月) 15時28分

パグ命さんへ

パグ命さんのかわいいあの子は、
12歳7ヶ月までがんばったのですね。
ご経験を読んで、涙がでました。
パグ命さんとパグさんの仲むつまじい姿がうかびました。
病院に対する怒りがわきました。

アドバイス、ありがたくありがたくいただきます。
感謝です。

投稿: ちたちた | 2010年12月27日 (月) 15時47分

お久しぶりですsign01
年末でバタバタしてて…いつものごとく癒やさに来たら…悩ましい日記が(>_<)

去勢手術だけは若いうちにやった方が良いと思いますsign01
ゴンが晩年…睾丸が腫れ上がってsweat01sweat01
本来なら去勢手術してしまえばすぐ治るのに,高齢&他の病気があって麻酔がNGだったので…放置しとくしかなかったんです~weep
見てるの辛かったッスsweat01sweat01
脾臓の事もあるし…
危険度の少ない去勢手術は先にやっといた方がいいですよ~(ToT)

投稿: ゴンチ | 2010年12月28日 (火) 07時24分

ゴンチさんへ

うー。ゴンさんは、大変だったのですね。(;ω;)
それは見ている側も辛い…。
こうしてお話を伺っただけの私でも、胸がぐっとくるのだから
側で看病していたゴンチさんの辛さは…。(ノ_≦。)

アドバイス、ありがたくいただきます。
本当にどうもありがとうです。

投稿: ちたちた | 2010年12月28日 (火) 19時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ON・OFFの使い分け | トップページ | しましまセーター480円也 »